fc2ブログ

TOSHIBA dynabook 英語キーボード化

TOSHIBA dynabook 英語キーボード化

英語キーボード派の私には、日本のノートパソコンは困りモノ。英語キーボードが選択できないモデルが多すぎる。
Acerの初期のネットブックも、なぜか日本上陸の際に日本語キーボードになっていた。
だから、ノートはキーボードを選択できるDELLから買っている。まぁ、日本語キーボードも我慢して使えば使えないことはないんですけど、やっぱり許せないのが、

○ ひらがなが刻印されててキーボードがゴチャゴチャしてる。
○ キーバインドが違う。コロン、セミコロン、イコール、カッコ等がプログラマの私には致命的。
○ エンターキーが大きい。
○ スペースバーが小さい。すでに「スペースボタン」である。
○ パイプがどこかに飛ばされててイミフ。
○ バックスペースキーが小さい。

10年以上も英語中心に使っていると、もうどうにも我慢できんのです。

んで。普段使いしてる東芝dynabook Satellite J32。会社の宴会で、ビンゴに当たってもらったもの。減価償却終了品ですけどね。
ペンティアムMでパワー不足は否めないですが、ブラウジング程度なら全く問題なし。さすがビジネスモデル、液晶も大きいし、キーボードも大きくて使い易いのですが。

キーボードが日本語なのです。我慢して使ってましたが、やっぱりだめだ。
イライラしては、ネットで英語化するページを探して・・・を繰り返し。でも見つからない。我慢・・・。


話は変わりまして。最近、円高の影響でeBayが熱い。国内で買ったほうが安いものも多いですが、ちょっとしたものが国内より安く、なぜか送料も国内以下だったりするので使えます。
自転車のボトルゲージ、サドル。息子用おもちゃ、Ben10のオムニトリックスとか、海外通販の方が安かったです。

こんなことを思い出しまして。東芝のノートパソコン用キーボードを検索です。
・・・ですが、ここで問題。サテライトのJモデルは国内専用モデルだったような・・・。検索すると結構ヒットするんですが、Jシリーズに合いそうなものはどれか・・・もしかしたら、ない?

東芝USのホームページ、Google画像検索、eBayに出品されてる画像を見比べながら合いそうなモデルを模索。
ツメの配置、大きさから、おそらく

「New Keyboard for Toshiba Satellite A10 A15 A20 A35 A45」

これが合いそう。Home、PgUp、PgDn、Endの配置が変わっていますが、ツメの配置等は同じに見えます。
どうせ1200円くらいだから失敗してもいいか。ってことでポチ。

と、衝動買いしたのが先月の18日。それが本日届きました。ちょっと遅いですねー。
シンガポールから送られています。4年住んでたシンガポール。懐かしいですね。SingPostはちょっと遅いんですよね。さすが船便。

こんな箱で届きました。

keyboard1

キーボードをあわせてみます。お、バッチリ合いそうですね!

keyboard2

keyboard3

さて、早速置換作業の開始です。どーやったら外れるんだろ?(笑)
ネットで検索してもヒットしないだろうな。じゃあ周りを見回してみますか。

この、上部のパネルが取れそうですね。これを外すとビスがあって、キーボードがごっそりと外れる、って感じでしょうか。

keyboard4

ビンゴ。キーボードを固定しているビスを発見。

keyboard5

はずして、キーボードが持ち上がります。キーボードのコネクタは・・・下ですね。このパネルのネジを外せば現れそうです。

keyboard6

取れました。これで新しいキーボードに変更できます。

keyboard7

変更終了~!


keyboard9


見て、この美しい英語配列。ファンクションボタンの配置が、いくつか違いますね。でも液晶の明暗等は同じみたいなので、ドライバまで変更しなくても大丈夫そうですね。
実際にタイプしてみて。キーピッチが広い! HOMEとか横に配置されてるのに、それでもキーが広いのはいいですねー。
ちょっと不満なのは、ティルデ(にょろ)キーがスペースの左横に配置されてます。日本語入力時、Alt+~はちょっと慣れないといけませんね。
でもそれ以外は良すぎる!

やっぱり、キーボードは英語ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うらしん 

Author:うらしん 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード