fc2ブログ

英語でワイヤレスな薄型キーボード。 Lenovo 57Y4700

リビングにあるテレビにHDMIでパソコン接続して、リビングPCとして活躍させてます。
DELLのInspiron740、すでに2年落ちのデスクPCですが、なかなかハイパワーであと5年くらい戦えるんじゃね?ってくらいがんばってくれています。
リビングPCがなかなか便利でして。「続きはWebで!」系のCMみたら、即PCに切り替えてジャンプ。そのままTVに戻らないことがほとんどだったりしますが。

さて、このリビングPC。意外に重要なのがキーボードとマウス。
テレビから離れて操作するので、

①ワイヤレスキーボード、マウスであること
②英語キーボードであること
③3mくらい離れても使えること。

これを満たしていることが条件になります。
左手マウス、英語キーボード使いの私はこの辺が不便です。この条件を満たすワイヤレスキーボードがほとんどない。
トラックボールが付いた安いキーボードもあるんですが、タッチと配列に不満がある。

結局、ステイツに出張に行ったときに買ってきた、Logitech S510 のマウスとキーボードをずっと使っていたのですが。
これ、どうも電波の飛びが悪い。2mも離れると操作が怪しくなってくる。

S510に不満→他のワイヤレス薄型英語キーボードを検索→ない→我慢して使う

このループを89回くらい繰り返してかれこれ2年。
また不満に思って英語キーボードを検索していたら、見つけましたよ、使えそうなキーボード。


レノボ・ジャパン スリムワイヤレスキーボード&マウスキット英語 [57Y4700]【在庫目安:お取り...




でも・・・本家サイトをみても、ほとんど詳細がないw 配列の拡大写真すらない。
パイプの位置は大丈夫なんでしょうか・・・。エンターキーは無駄に大きくないよね・・・。不安。

でもまぁ、4000円くらいだから人柱やってもいいか。ってことでポチ。

------------------------------------------------------------------------

と、購入したのが昨年の12月中旬。1ヶ月経って、やっと届きました。
(NTT-Xから購入したんですが、途中、時間かかるけどキャンセルしない?ってメールが来たけどw)

lenovo1
上がLogitech S510
下がLenovo 57Y4700

お、いい感じです。配列には全く不満はありません。S510より柔らかくて深いです。タイプ音も静かです。
特別なソフトが必要なしなところもGood。電卓ボタンで一発で電卓が開くのは便利。

マウスもなかなか。Thinkpadの材質を感じさせる、マットでエンボスな表面になってます。このマウスの中に、レシーバーが埋め込まれており、収納もできます。
最初、梱包確認していたらレシーバーがなくてびびった。

厚みは、57Y4700のほうがあるみたいです。
lenovo2

lenovo3

lenovo4

でもソファーの下やテーブルの下に投げ込んでおける薄さ。
このマウスとキーボードのセットなら・・・お得です。やっと、国内で入手できる、まともな薄型英語ワイヤレスキーボードが出てきた、といえるんじゃないでしょうか。


ちなみに。ほかにこんなキーボードを使ってるやつがレビューしてますです。
Realforce
プログラマーやってるときは主にこれ。言わずと知れた、リアルフォース。最強ですね。

IBM
これはシンガポールに住んでいるときに、リサイクルショップで3ドル(180円w)で買った、IBMのキーボード。タッチがよかったので購入した。数年後、これにプレミアが付いていることを知った。1984年、US製。

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

57Y4700

わかる限りになりますが・・・
1.マウス:単四x2、キーボード:単三x2
2.マウスにon/offスイッチがあります。キーボードにはありません。
3.スタンバイキーはありません。
以上です。

57Y4700の仕様を教えていただけませんでしょうか?

57Y4700の詳細で以下の3点を知りたいのですが・・・
1.キーボード&マウスで使用する電池種類と本数
2.使用しないときのoffスイッチの有無
3.スタンバイキーの有無

コードレスキーボード&マウスを欲しくて検討しています。
IBMのキータッチは比較的よいものもあるので興味を持っています。
お手間を取らせますが教えていただけたら幸いです
プロフィール

うらしん 

Author:うらしん 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード